エアコンのメンテナンス、頻度の目安は?

 



ゴールデンウィークも終わり、軽く汗ばむ今日この頃。もうエアコンを使い始めている方もいらっしゃるのではないでしょうか。当たり前のように使っているエアコンですが、清掃したほうがよいのだろうけれども、タイミングがわからず、自分でやるにも難しそうで……という声をお客さまからよく聞きます。

今回は、エアコンのメンテナンスについてご紹介いたします。




■エアコンのメンテナンスが必要なわけ




エアコンを入れたら、なんだかカビ臭い嫌な匂いが……。実はエアコンの内部はとても複雑。思いのほか汚れやすく、カビが発生しやすい家電でもあるのです。もしエアコン内部にカビが生えたら、エアコンから出てくる風といっしょにカビの胞子を吸い込むことになってしまいます。健康な方はもとより、喘息やアトピー、アレルギーでお悩みの方は症状の悪化にもつながりかねません。とりわけ、小さなお子さまやご年配の方、ペットがいるご家庭は要注意です。


また健康のみならず、エアコンの汚れを放置しておくと温度・風量が弱まるといった悪影響も。送り出される風の量が少ないと、温度設定をよけいに下げなければならず、稼働させている時間も長くなってしまいます。すなわち電気代に跳ね返り、エアコンさえ清潔ならば本来払わなくてもよい出費がかさむのです。




■メンテナンスの頻度はどれくらい?




エアコンの汚れは放っておくと、故障の原因となるケースもあります。

新規購入しなければならないような事態に陥る前に、メンテナンスをしてエアコンを清潔な状態に保ちましょう。では、その頻度はどのくらいなのでしょう。


ご自分でも掃除ができるフィルターは2週間に1回程度。

そしてエアコン深部にあるファンやフィンなどの部品を分解して高圧洗浄機でチリやホコリを除去するような、プロでなければできないメンテナンスは、1年に2回程度必要だと考えてください。

本格的なメンテナンスのためには、市販のエアコンクリーナーでは取りきれない汚れを洗浄する洗剤を扱ったり、メンテナンス中に出てくる汚水対策のために養生を施さなければなりません。精密部の取り扱いを間違えるとエアコンの故障にもつながりかねないので、メンテナンスはプロに依頼することをおすすめします。




■メンテナンスのベスト・シーズンは今!




依頼すべき時期は、ずばり今。本格的に暑い時期を迎えてエアコンの稼働時間が長くなるほど、内部に結露が発生しやすくなり、カビの温床となってしまいます。梅雨や盛夏を健やかな涼気とともに過ごせるよう、今から準備しておきましょう。


「空気をプロデュースする」をモットーに掲げるエアーカスタムは、千葉県千葉市を中心に関東圏内で、エアコンをはじめとする空調設備のメンテナンスや設置工事を手がけております。ご家庭用・業務用ともに豊富なノウハウを積んでおりますので、気になることがございましたら、お気軽にお問い合わせください。