資格で経験を証明、給料UPにも?空調設備工事で使える資格

 



毎日仕事を繰り返していくと技術や経験が身についていきますが、自分では日々の成長の変化に気づきにくいものですよね。技術や知識を確認する方法の1つとして、資格取得がおすすめです。資格があると、キャリアアップを狙えるようにもなります。


空調設備工事にもさまざまな資格があり、仕事をしながら資格取得を目指せます。そこで今回は、空調設備工事の仕事に関わる資格や、弊社の資格取得サポートについてご紹介いたします。




■空調設備工事の資格




空調設備に関する資格には、電気工事士やボイラー技士などがあります。また責任者や管理者の立場になる電気主任技術者や管工事施工管理技士、冷凍機械責任者(高圧ガス製造保安責任者)の資格を取れば、キャリアアップも狙えます。


冷凍機械責任者(高圧ガス製造保安責任者)の資格は、空調設備工事の資格の中でも難易度の高い国家資格です。扱える業務内容によって第一種から第三種までのレベルがあり、大学工学部卒業レベルの第一種では、すべての冷凍製造施設の保安業務を行うことが可能になります。


さまざまな資格がありますので、仕事内容や伸ばしたい技術に応じて取りやすい資格から挑戦してみるとよいでしょう。




■経験があることの証明になる!実務経験が必要な資格




ボイラー技士(特級・一級)や管工事施工管理技士などは、資格を取得するには試験の合格だけでなく、実務経験が必要になる場合があります。資格を取ろうと思っても、経験年数が足りなければ受検できないこともあるのです。


しかし、受験資格の経験年数に達するまでの期間、日々の仕事に意欲的に取り組むことが資格の勉強につながるため、仕事へのやりがいにもなるでしょう。実務経験が必要な資格は、その資格を持っていることによって、経験があることを正式に証明できるともいえます。特に未経験でスタートした方は自分の技術向上のアピールにもなりますので、積極的にチャレンジしてみましょう。




■エアーカスタムでは資格取得を積極的にサポート




資格取得を目指すといっても、仕事をしながらだと勉強時間を確保するのも難しいですよね。そこでエアーカスタムでは社内教育の一環として、講習や勉強会などを実施しています。同じ目的を持った仲間と学ぶことで、お互いによい刺激を受けながら勉強できる環境が整っています。


試験によっては講習や筆記だけでなく、実技試験を実施するものもあります。電気工事士などの技術試験についても社内研修を行っていますので、安心して挑戦していただけるでしょう。取得の費用も会社負担で、資格によっては資格手当も支給しています。


空調設備業界では、資格取得によりキャリアアップも可能です。空調設備の仕事に興味を持たれた方や資格を取りながら意欲的に働きたい方は、千葉県千葉市のエアーカスタムまでお気軽にご連絡ください。